MENU

シアリス,シアリスジェネリック,通販,購入,即日発送,効果,アルコール

シアリスの一覧はこちらから

シアリスの食事やアルコールの影響

シアリスは食事やアルコールの影響を受けづらい?

 

ED治療薬を使うときに、食事やアルコールの影響を受けるのかどうかは大事なところです。

 

バイアグラは食事の影響を受けてしまいますが、シアリスは食後でも利用できるというのが大きなメリットになっています。

 

しかし、実際には食事の影響を全く受けないとは言えません。

 

シアリスが食事の影響を受けにくいのは、主成分の『タダラフィル』が吸収されるのが遅いからです。

 

シアリス,シアリスジェネリック,通販,購入,即日発送,効果,アルコール

 

シアリスを空腹時に服用して、効果があらわれるまで1時間~3時間です。早い方で30分で効果があらわれる方もいます。

 

普通の食事をした後でも、約3時間程度と効果が出るのが遅くなります。

 

また、油分の多い焼肉やステーキなどを食べた後に服用すると、さらに効き始めるのが遅くなります。

 

つまり、影響を受けないというよりは、受けにくくなっています。

 

バイアグラと違って食事の影響を受けないと言えるのは、薬効時間が長いので、効果が出るのが遅くなっても気にならないということです。

 

バイアグラやレビトラなどのED治療薬は、水に溶けやすい性質を持っているため、効果が出るまでの時間が30分~1時間です。

 

バイアグラは効果が持続する時間が4~6時間程度です。

 

シアリスよりも薬効時間が短いので、食後ですと食べ物の消化と一緒になり、効果が発揮されにくくなります。

 

シアリスは水に溶けにくい性質を持っているので、ゆっくりと吸収されていきます。

 

そのためシアリスは、食後3時間経って効果が出なくても、少しずつ吸収されていくのでそこから効果を発揮されます。

 

シアリス,シアリスジェネリック,通販,購入,即日発送,効果,アルコール

 

アルコールでシアリスの効果が弱くなるようなことはありません。

 

アルコールに関しては、バイアグラなどのED治療薬と同様に、少量であれば問題はありません。

 

ですが、飲み過ぎてしまうと効果があらわれにくくなることもあります。

 

効果はありますが、飲み過ぎている場合はシアリスの服用はおすすめできません。

 

副作用には頭痛・吐き気・めまいなどがあります。アルコールと併用すると、副作用が強く出てしまうこともあります。

 

食後でもシアリスの効果はしっかり発揮されますが、効果があらわれるまでの時間がかかってしまいます。

 

シアリスの効果自体は食事の影響を受けないが、作用までに時間は変わってくるということになります。

 

また、アルコールは少量なら問題はありませんが、飲み過ぎてしまうと効果が出にくくなったり、副作用が強くなることがあります。

 

バイアグラは、食後1時間以内に服用すると、ほとんど効果は出ません。

 

バイアグラと比べるとシアリスは、食事の影響は受けにくいものだと言えます。

 

シアリス通販TOPへ

シアリスの即日通販はこちらから